和歌山ファイティングバーズは、和歌山県を拠点としたプロ野球独立リーグ球団です

教育業務提携

和歌山ファイティングバーズ2軍は、神村学園と提携して、プロ野球を志す高校生カテゴリーの選手を対象に、NPBでコーチ、選手として活躍した人材による質が高く一貫性のある指導(監督、コーチ、トレーニングコーチ、巡回コーチ)が受けられる場所を提供します。

多様な価値観とグローバル化が進んでいる昨今、成功への道は決して一つではない。

私たちはそう考えています。

このチームは次の3つの特色に基づき、選手を着実に育成し、地域社会に必要な人材を輩出します。

3つの特色
  1. 【学年を問わない育成システム】〜自由競争〜

    学年を問わず力のある選手は、独立リーグでの試合出場が可能です。
    多世代(17歳〜40歳程度)間で競争をはかることで、アスリートとしての自覚や、幅広い価値観が醸成されます。
    2軍選手は指導者の判断で、技術的な成長とフィジカルの安定によって、実力次第で1軍に上がることが可能です。

  2. 【世界で勝つ技術とフィジカルを持つ選手の育成】〜世界に出る〜

    技術・戦術・コンディショニングを一貫指導にて育成します。
    教育リーグ(仮)への出場、夏休み期間中等の海外リーグへの参戦を経て国際感覚を養い、世界で通用するグローバルな選手の育成を行います。

  3. 【地域力を伴う学生の育成】

    アスリートとして、地域で生活する人々や子ども達への手本となる人材を育てるべく、地域社会との連携を積極的に行います。
    地域社会や住民との触れ合いの中で、社会の中で生きていくことを自覚します。

人材は、組織やそれらを取り巻く環境、役割を担うことやチャンスを得ることで、飛躍的に進歩・成長します。
和歌山ファイティングバーズの2軍は上記の3つの要素を効果的に組み合わせ、若者の成功への道をアシストしたいと考えています。

ページトップボタン